インフルエンザ?溶連菌感染症でした

かなり大変でした

先日4歳の息子が体調を崩しました。38度の熱で保育園を早退し、家でもぐったり寝たまま状態です。

 

熱は40度まで上がり、疲れて眠ってしまいました。行きつけの小児科が運悪く休みだったので、娘が学校から帰ってすぐに近所の内科へ行きました。

 

 

保育園でもインフルエンザが流行っているので、インフルエンザだと思っていました。
しかし検査結果はマイナス、解熱剤を処方されて帰ってきました。

 

 

その夜も熱は下がらず、下痢や嘔吐が酷くなるばかりです。翌朝すぐに小児科へ息子を連れて行き、検査結果は溶連菌感染症という事でした。

 

 

聞いた事はあったけど実際に我が子が感染するのは初めてです。先生から一通りの説明を受け、溶連菌の説明が記載されているパンフレットを貰いました。待合室で読むと、溶連菌は子供に感染しやすい細菌だそうです。

 

 

高熱や嘔吐という症状が主な様ですが、息子は下痢や頭痛もありました。
抗生剤を貰って指示通りに飲むと、結構早く症状が改善されました。同時に発疹が身体中にでき、舌にぶつぶつが沢山できて痛々しかったです。

 

 

パンフレットにはイチゴ舌と説明されていて、写真と息子の舌が同じでした。滲みるらしく、しばらく熱い御飯を口にできず辛そうでした。熱が下がると手足の皮膚がむける事があると記載されていましたが、息子は皮膚がむける事はありませんでした。

 

 

大人にも感染する事があるという事でこれは随分警戒しましたが、家でのマスク徹底が良かったのか十分な休息が良かったのか、私や主人は感染せずで一安心です。
抗生剤を最後まできっちり飲ませ、症状が改善した後も尿を気にする様にしています。

 

 

今のところ血尿が無いので大丈夫だろうと思うのですが、もし溶連菌がきちんと完治していないと重大な合併症に繋がるそうです。もう少し注意深く尿を確かめてみようと思います。